渡辺鉄工の想い

  • HOME
  • > 渡辺鉄工の想い

渡辺鉄工の想い

弊社は大正12年の創業以来、お客様とともに 「一歩一歩」 歩んで参りました。

現在の古紙用圧縮梱包機(ラージベール)は、お客様の声をもとに、改良と工夫を重ね ついに 昭和49年に国産第一号機を開発するに至りました。

その後も 弊社は「お客様とともに」をモットーとし お客様の良きビジネスパートナーとして、誠心誠意 機械の設置レイアウトのご相談から改造・修理・アフターサービスまで取組んで参りました。
そのお陰を持ちまして 現在まで ベーラーのみで累計出荷台数は 1000台を超えるまでになりましたことを 厚く感謝申し上げます。

当社は 九州の一企業でありますが 主要な部品である油圧ユニット、主シリンダー、本体フレーム、チェーンコンベアなどはすべて本社にて一貫生産をしています。
これは お客様に永く、安全に ご使用していただく機械だからこそ メーカーとして細部まで責任を持ちたいとの 当社の想いからです。
そして アフターサービスを徹底するために、大阪・東京・名古屋と各営業所を開設して参りました。

今後は、リユース、レデュース、リサイクルの一翼を担う企業として社会に広く貢献するとともに、お客様に対し より良い商品を 安心してご使用いただけるように 引き続き研鑚して参る所存です。

渡辺鉄工の想い
渡辺鉄工の想い